すぐちゃんの資産運用活動史

底辺サラリーマンが富裕層を目指すブログです。投資や仕事で学んだことについて綴っていきます。

Zaifからフェスコへの事業譲渡の承諾同意要請を無視し続けたらどうなるのか?

calendar

もいーん!(挨拶) すぐちゃんです。

仮想通貨交換所Zaifを運営するテックビューロはフィスコに対してZaif事業を11月22日に譲渡すると発表しています。

9月に仮想通貨不正流出事件があってからの対応に呆れてしまい、すべての仮想通貨を現金に変えて出金してから仮想通貨の情報に触れないようにしていました。

しかしタイトルの通り、毎日のように事業譲渡の承諾同意のメールが送られており正直に申し上げてすぐちゃんは憤慨しております。

この事業譲渡の承諾同意をいっそのこと同意せずに11月22日を迎えたらどうなるのかを試してみたいと思います。

ちなみにZaif利用者から承諾を得る手続き事態は10月22日よりスタートしています。

各利用者はZaifにログインして説明文を読み、3箇所の確認事項へチェック入力後に「異議なく承諾する」ボタンを押下すると、フィスコへの事業譲渡を承諾したことになるようです。

本題の承諾同意をしなかったらどうなるのかと言うと

弊社は、本件譲渡後、仮想通貨交換業の登録を廃止した上で解散の手続を行う予定ですので、Zaif事業に関するサービスを皆様にご提供できない可能性が高いと考えております。また、現在の弊社の財務状態に鑑みますと、本件譲渡を承諾されなかったお客様が、弊社に対して、弊社に預託している仮想通貨の返還請求その他の請求を行ったとしても、弊社がこれらの請求に対応できない可能性があることについてあらかじめご了承くださいませ。

出典:10月22日付けZaifからのメールより

こんな風にどうなってもドロンするから知りませんよ?と脅してくるZaifさんですが、それでも承諾するユーザーが少ないのかどうか分かりませんが↓のような施策を打ってきました。

Zaifがささやかなお礼として配布する1000ZAIFトークンは発表時点では日本円にして140円ほどで、半日後には150円に急騰しています。

ペットボトル飲料が買えるくらいの金額なのでささやかなのは間違いありませんw

更に言うと150円はZaifの出金手数料にも満たないので資産を預けていないユーザーからしたら無いのと変わらないです。

なんとなく同意してしまった方もいると思うのでここで無視した結果を書いていきたい所存です。

ではまた~

マンガでわかるビットコインと仮想通貨 [ 三原 弘之 ]

価格:1,080円
(2018/11/1 23:41時点)
感想(2件)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す