すぐちゃんの資産運用活動史

底辺サラリーマンが富裕層を目指すブログです。投資や仕事で学んだことについて綴っていきます。

米国株式市場が急落!(自分を含めて)落ち着いた投資行動を取りましょう

calendar

もいーん!(挨拶) すぐちゃんです。

10月10日(水)のアメリカ株式市場は久々に大きく下げましたね。

終値としては2月上旬以来、今年3番目の下げ幅になりました。

NYダウは-831.83ドル(-3.15%)の25,598.74、NASDAQは-315.97(-4.08%)の7,422.05、S&P500指数は-94.66(-3.29%)の2,785.68となっています。

下落の背景として米長期金利の上昇をきっかけに割高感があったハイテク株を中心に売りが殺到。米中貿易摩擦やイタリア財政懸念など問題が山積みということで投資家がリスク回避に動いたと見られています。

つみたてNISAで「楽天VTI」iDeCoで「NYダウ・インデックス」を積み立て投資しているすぐちゃんの10%以上ある含み益も大幅に消える可能性が高いです。

日本株もアメリカに引っ張られて大幅に下落することは避けられず、どれもこれも株価が下がってバーゲンセールに見えるかもしれません。

ここ1年は積み立て投資しかしていないすぐちゃんもさすがに「なにこれ安い!」と飛びつきそうになりましたが、「ここは我慢だ」と自分に言い聞かせるようにキーボードを叩いています。

ということで、この急落でもやることは変わらずにつみたてNISAやiDeCoを続けていきます。

不安になって右往左往するかもしれませんが、自分はいま何をすべきか行動することが大切なのは言うまでもありません。

というのも、安いからと言って衝動的に銘柄を買っても更に下落してしまったら後悔が強く残るものだからです。

それでもどういう投資行動を取ろうか悩んでいる方は色んな人の意見を見て、その上で自分をどうするべきか判断するといいですよ!

ちなみに大幅下落があった2月当時は↓のような記事を書いていました。

ではまた~

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す