すぐちゃんの資産運用活動史

底辺サラリーマンが富裕層を目指すブログです。投資や仕事で学んだことについて綴っていきます。

日銀さん、30兆円の計上ミスが判明。ゆうちょ銀行の投信を個人のものと勘違い

calendar

もいーん!(挨拶) すぐちゃんです。

ヤフーニュースを眺めていたらちょっと目を疑うようなニュースが見つかりました。

「貯蓄から投資」実態は逆

個人の代表的投資商品である「投資信託」の家計保有額が、日銀の統計作成時の誤りで30兆円以上も過大計上されていたことが判明した。
近年順調に増加しているとされてきた投信保有額が、実際は減っていたことになり、「貯蓄から投資」が進んでいると信じてきた証券業界に衝撃が広がっている。

これほど大きな修正が生じたのは、日銀が、ゆうちょ銀行が保有する投信を個人が保有しているものと誤って計算していたことが原因だ。

出典:毎日新聞

貯蓄から投資へ」はなんだったのか・・・

30兆円という額も額ながら、実は投資が増えていないどころか減っていたというのはちょっとショックですね。

従来は投資が増え続けていたと思われていたのに、2014年末をピークに低下傾向に転じていたとのことです。アベノミクスで個人投資家が金融商品を買っていると思っていたのに実はそうではなかったというわけですね。

すぐちゃんが投資を始めたのはその後なので投資額は当然増えているのですが、全体として減っているとは思ってもみませんでした。

30兆円というインパクトもあり、トップニュースでもおかしくないと思ってNHKのニュースウォッチ9を見ていると

  • 気温や熱中症などの話題
  • 自民党総裁選
  • オリンピックまであと2年

とかいうどうでもいいとは言いませんが他に報じることがあるのでは?と思わせるような構成でガッカリしたのは言うまでもありません。

結局、政府や証券業界がタンス預金を使わせようとNISAだったり、iDeCoだったりあの手この手で現金を投資に向かせようとしていたのにも関わらずこの体たらく。

金融庁も証券業界も思った以上に「貯蓄から投資へ」が進んでいないことに危機感を持つでしょうから、iDeCoやつみたてNISA以外に更なる税制優遇策を打ってくるかもしれません。

例えば現行NISAとつみたてNISAを組み合わせOKとか非課税枠拡大などなど夢が拡がりますね!

ま、これは全てすぐちゃんの願望ですからそんな単純なことにならないと思いますが、今後の動きに注目したいところですね。

今回のニュースを逆に考えると日本人の大多数は投資をやっていないという事実に気付いた人はまだまだチャンスがあるということがわかった一日でした。

少額ながら、今後も投資は続けていきたい次第です。

ではまた~

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す