すぐちゃんの資産運用活動史

底辺サラリーマンが富裕層を目指すブログです。投資や仕事で学んだことについて綴っていきます。

思い切ってやってみることの大切さ

calendar

もいーん!(挨拶) すぐちゃんです。

株式投資をしてみたいけど失敗したらどうしようという声をよく聞きますが、もし皆さんが普段は働いているなら、いま携わっている仕事のことを思い出してみてください。

初めての仕事にとりかかったとき、どうすればいいのかわからず狼狽しながら上司や先輩に仕事を教わったことでしょう。

上司や先輩がなんであんなに仕事をうまくこなすことができるのか不思議だったと思います。

それが今や、皆さんはその仕事をそつなくこなし、クレームなどの多少のトラブルは自分の力で解決でき、最初の頃ほど多くのストレスを感じずに済んでいるはずです。

新人に任せると、彼らがおろおろしている姿を見かねて、そんなに心配することはないと励ましているのではないでしょうか。

これこそが、経験の力です。そして、ビジネスでも投資でも同じことが言えます。

物事に実際にチャレンジしてみると、どのような手順でやればいいか理解でき、どのようなことが起こるか予測でき、それらに対処する方法論が身につきます。

つまり、リスクはどのようなものがあるか、そのリスクを低減させるためには何をどう備えておけばいいか、どこを押さえれば勝負に勝てるのか、全て理解しているので恐れることはないのです。

なので、ある程度知識がついたら多少の不安が残っていても、思い切ってやってみることが大切になります。

やってみると、本ではわからなかった知識が理解できるようになります。断片的な知識が「そういうことだったのね」と腑に落ちて、実感として理解できるようになります。

このようなことを繰り返すことで経験地がたまり、知恵やスキルが高まっていくのです。

何事もやってみることが大事ということは分かっている方も多いと思います。資産運用でも株式投資でも節約でもできることから少しでもやっていけばいいのです。

ではまた~