すぐちゃんの資産運用活動史

底辺サラリーマンが富裕層を目指すブログです。投資や仕事で学んだことについて綴っていきます。

上場投資証券「VIXベアETN<2049>」 -96.10%の衝撃

calendar

reload

もいーん!(挨拶) すぐちゃんです。

2月7日の東京株式市場では日経平均株価の終値が前日比35.13円高い21,645.37円でした。

朝に少し相場を見て半値戻しの勢いだったので少し安心して仕事に打ち込んだのですが結果としては小反発に終わったということですね…NYダウはある程度反発したのに日本株は午前中の上げが消えた形ですね。なぜ日経平均ちゃんは弱いのか;;

さてさて、昨日ツイッターで知ったのですがいわゆる恐怖指数と呼ばれている「VIX」ですが、昨今の株式市場の急落を受けて急騰しました。
それに伴い「S&P500 VIX インバースETN<2049>」が早期償還が2月6日に決定したとのこと。

本日、NEXT NOTES S&P500 VIX インバース ETN(以下「同ETN」という。)の
発行者であるノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイは、
同ETNの信託財産が参照する対象指数が前日終値の20%を下回ったことから、
早期償還条項の定めにより、同ETNを繰り上げて償還する旨を発表しました。
なお、同ETNの償還により、同ETNの保有者に対して一口当たり1,144円の金銭が支払われる予定です。

出典:日本取引所グループ

上記の理由に伴い、2018年2月19日(月)に上場廃止が決定しました。
こういったリスクのある金融商品って商品ページの「早期償還条項」を読まない方の自己責任と言うには余りに気の毒ですね。
そもそも恐怖指数が上がると株価が下がる金融商品があったということ自体話題になって初めて知りましたorz

償還金額が1株1,144円というものですから、1株29,400円が前日比-28,254円で株価が1日で1割以下まで下がりました。仮想通貨界隈も毎日がリーマンショックとか言われていますがそれを超える殺人銘柄と言って差し支えないエグさです。
信用買いして損失を被った方もいらっしゃるようです。まさに「知らぬが仏」です。
そもそも値幅制限とはなんだったのかと思ったらちゃんと下限の発表があったんですね。
こういった事態が発生したら値幅制限が償還価格に慣らされるというも初めて知った次第です。


出典:日本取引所グループ

こういったハイリスクハイリターンな金融商品はそもそも触れることはないですが、自衛は大切です。
常に自身の資産を守るために勉強を続けていきましょう!

ではまた~

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す